小学生バスケットボール教室(大井・上福岡)

 楽しみながら基礎を学ぶバスケットボール教室(小学生男女)

まず「スポーツは楽しい!」ということを子供たちに感じてもらうことを大切にしています。もちろん基本を学んだり、人間的な育成についても大切にしていきます。小学生の時期は運動神経が非常に発達する時期であることから、バスケットボールの上達に限らず、運動能力の開発トレーニングである『コーディネーショントレーニング』を積極的に取り入れたプログラムを行っています。さまざまな飽きないメニューを用意しています。
■ 開催日
日曜日 ※原則月3回開催
■ 場所
【大井地区の教室】
≪鶴ヶ丘小教室≫
14:30~16:00(低学年、高学年)
≪東原小教室≫
10:00~(主に低学年)
10:30~(主に高学年)【上福岡地区の教室】
≪上野台小教室≫
15:15~16:30(4年生以下)
16:15~17:45(5年生以上)

≪元福小教室≫
17:00~(低学年)
18:15~19:45(高学年)

≪西小教室≫
18:00~19:30
(低学年、高学年)

≪駒西小教室≫
18:30~
(ミニバス経験者レベル。原則3年生以上)
※駒西小の教室につきましてはMinibasチーム所属者を主な対象としており、技量をコーチ陣が判断し、クラス分けすることになります。あらかじめご了承ください。

対象
小学1年生~小学6年生
(駒西小教室のみ。ミニバス経験者レベル、小学3年生以上)

月会費
3600円/月(原則3回/月)
費用の詳細・入会希望はこちらから

上野台バスケ教室1わくわくホリデー2untitled

学年レベルに応じた指導サポート

低学年カテゴリ
テーマ:
バスケットボールと仲良しになって、スポーツを好きになろう!
内容:
スポーツに大切なコーディネイティブ能力(運動神経系の発達)トレーニング、バスケボールの基本的な体の使い方の習得

高学年カテゴリ
テーマ:
バスケットボールの基本を身につけ、バスケットボールをもっと好きになって楽しもう!
内容:
スポーツに大切なコーディネイティブ能力(運動神経系の発達)トレーニング、バスケットボールの基本的な体の使い方の習得、バスケットボール基礎技術の習得

※低学年・高学年の合同の場合は、レベル差を考慮した内容で行います!!

Minibasクラス※駒西小バスケ教室のみ
主にミニバスチーム所属者(小学3年生以上)が対象
テーマ:
バスケットボール個人基礎技術をしっかり身につけ、いろんなことがチャレンジできるようになろう!
内容:
スポーツに大切なコーディネイティブ能力(運動神経系の発達)トレーニング、実践をイメージした基礎技術の習得

上野台バスケ教室2

スタッフ・コーチ紹介

【統括監督】
☆篠島 幹昌(しのじま みきまさ)
《ふじみ野市バスケットボール協会会長、日本体育協会公認スポーツ指導員、日本バスケットボール協会公認コーチ資格、2002~2004プロバスケットボールチーム「埼玉ブロンコス」サテライトスタッフ》

【コーチ ※注】
コーチ陣は主に「バスケットボールの家庭教師」株式会社ERUTLUC(エルトラック。バスケットボールコーチングの専門組織》より派遣。都合上、コーチが変わる場合もございます。ご了承ください。

≪ERUTLUCコーチ≫
★板橋 勇斗(いたばし ゆうと)
★諸橋 幸恵(もろはし さちえ)
★蓜島 元夢(はいじま もとむ)
★藤後 星(とうご せい)

≪コーチ≫
田中 ちひろ(たなか ちひろ)※兼ふぁいぶるスタッフ
☆甲斐 有介(かい ゆうすけ)

本教室の特徴

チーム活動ではなく、また筋力や持久力向上が主となるトレーニング指導とは異なり、コーディネーション(運動神経系発達)トレーニングをベースとし、バスケットボールの個人ファンダメンタル(基礎技術)習得を行っていきます。バスケットボールスキルだけでなく、スポーツに必要な7種類のコーディネイティブ能力(「反射能力」、「バランス能力」、「リズム感」、「適合・適応能力」、「連結・結合能力」、「識別能力」、「定位・空間把握能力」)が養われるため、今後他種目をする場合においても役に立つことでしょう。

 コーディネーショントレーニング)とは・・・

一般的に選手について「あの選手は身のこなしがよく、運動神経が優れている」とか、「状況判断がいい」「ボールさばきがうまい」といった表現をします。子どもたちの動きに目をやると、バランスをとるのがうまい子や、リズムに合わせてからだを動かすことが得意な子がいます。このような人たちの動きに隠されているのが「コーディネーション能力」であり、この能力を高めようとするのが、「コーディネーショントレーニング」です。
 ≪コーディネーショントレーニングの特徴≫
●運動神経をつかさどる神経系を発達させるのに効果的なトレーニング
●幼少~小学生時期がもっとも発達する
●つらいだけのトレーニングとは異なり、飽きない内容
●プロ・アマ問わずヨーロッパなどで成果をだしている。
●スポーツ種目を限定せず活用が可能

 

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン